角栓ができる原因

顔の一番中心にある鼻のあたまや小鼻部分にプツプツとできる角栓。

 

一生懸命洗顔しても無くならないどころか、黒ずんだりして手ごわいものです。

 

そんな角栓を皮脂が溜まっていると思われている人は多いんじゃないでしょうか。

 

実は、角栓の70%は古い角質です。

 

ターンオーバーで古くなった角質が剥がれ落ち、ホコリ、メイク汚れ、皮脂などと一緒になって毛穴に溜まったものが、角栓です。

 

その汚れが空気に触れて参加すると、黒ずんだような角栓になります。

 

つまりほとんどが皮膚の一部ですから、成分はたんぱく質です。

 

オイルクレンジングでしっかりマッサージすることにより皮脂分を溶かし馴染ませるイメージがありますが、それは勘違いです。

 

しつこくマッサージをすることで、毛穴がゆるみ汚れが出やすくなることはあるとは思います。

 

ですが、繰り返し同じ部分をマッサージすると、角質部分がかえって傷つき、お肌を守ろうと角質をどんどん生み出すような働きをしてしまいます。

 

それは、角質を増やすことになり、さらに角栓になってしまうという悪循環につながります。


角栓をキレイにケアする方法

毛穴に詰まった角栓対策として大切なのは以下の3点です。

  • 不要な角質を、お肌を傷つけることなく取り除く
  • 不要な角質が生み出されにくくする
  • 角栓が取れやすくなるよう、お肌や毛穴を柔らかくする

ということです。

 

 

不要な角質を、お肌を傷つけることなく取り除くく

クレンジング剤や洗顔剤は基本的に油性の化粧品や皮脂汚れを落とすためのものです。たんぱく質汚れとなる角質にはあまり効果がありません。
そのため、たんぱく質汚れに効果のあるピーリング石鹸や酵素洗顔料を使って、古い角質を取り除く方法がオススメです。
この時、クレンジング剤を使っての長時間マッサージは、お肌を傷つけることになったり、保湿に必要な角質層内のセラミド(細胞間脂質)やNMF(天然保湿因子)まで失われたりして、逆効果になりますので気をつけましょう。

 

不要な角質が生み出されにくくする

お肌の乾燥や、角質層へのダメージにより不要な角質が剥がれやすくなります。
そのためには以下のことを守りましょう。

クレンジングや洗顔でこすりすぎない

  (45秒以内にする)

肌へ過剰な負荷をかけない

  (スクラブ洗顔剤やブラシ洗顔を使わない、毛穴パックは1週間に1度だけ)

熱すぎるお湯での洗顔は避ける

  (皮脂が過剰に失われる)

保湿をしっかりする

  (乾燥は過剰な皮脂分泌につながる)

正しく紫外線対策を行う

  (日焼けはメラニン色素を増やし黒ずみを悪化させる)

睡眠不足や偏食を避け、正しい生活習慣を送る

しっかりと対策を行うことで肌の状態を健康にしてターンオーバーを活性化させます。

 

角栓が取れやすくなるよう、お肌や毛穴を柔らかくする

お肌や毛穴が固くなると、通常自然に抜ける角栓が、取れにくくなります。
保湿をしっかりすることでお肌を健康に保つことで、肌も毛穴も柔らかく、角栓が溜まりにくい肌になります
柔らかいお肌や毛穴を維持して、角栓が取れやすい環境を作るようにしましょう。