毛穴がひらく原因

体中にある毛穴。体に必要なものだとは思っているけど、顔の毛穴は目立つし、勘弁してほしい…と思っている人も多いんじゃないでしょうか。

 

でも、本来毛穴は何のために存在しているのか、どういう仕組みで働いているのかを知れば、正しい毛穴との付き合い方も理解できることでしょう。

 

ここでは、そんな毛穴の役割や働きを解説していきたいと思います。

毛穴の役割

体中にある毛穴ですが、顔にある毛穴だけでもその数は約20万あり、子供から大人になってもその数は変わりません。

 

つまり、子供も大人も、赤ちゃんであってもそれだけの数の毛穴が必要だということです。

 

では、どうして人間には毛穴があるのか。

 

毛穴の役割は、皮脂を分泌すること、です。

 

そして、その皮脂が4つの役割を果たします。

肌を保護する

 皮脂は毛穴を通じて分泌されます。この皮脂は顔中に広がって肌の上に膜を作り、空気中のほこりや様々な物質の刺激から肌を守ります。

肌の保湿

 皮脂が顔中に広がり膜を作ることで、細胞の中の水分が減りにくい状態を作り、肌の潤いを保って乾燥を防ぐという働きをします。

体内の老廃物を排出する

 体の中で作られた老廃物は、排せつだけではなく、肌表面から分泌される皮脂や汗とともに体の外に排出するデトックス機能を果たします。

皮膚のphバランスを保つ

 肌表面を適度なphに保つことで肌の雑菌が必要以上に増えないようにします。

 

毛穴が皮脂分泌を上手に調節することで、これらの4つの機能が働き、美しい肌がキープできるようになります。


毛穴が開いてしまう原因

そうはいっても、鏡に映った自分の顔に毛穴がポツポツ目立っていたら、ショックですよね。

 

この毛穴が開いてしまう原因がわかれば、対策も見えてくるはずですよね。

 

ここからは、毛穴が開いてしまう原因を解説しましょう。

 

○皮脂の過剰分泌
お肌に必要な皮脂ですが、必要以上に分泌されるようになると、余分な皮脂が溜まってしまい、毛穴を広げてしまいます。
さらに、余分な皮脂は、肌表面の古い角質と混ざり合い、酸化して、黒ずんだ毛穴の原因にもなります。

 

○皮膚のたるみ
歳を取ると肌の深い層である真皮を構成しているコラーゲンやエラスチンがだんだんと減少してきます。
コラーゲンやエラスチンは肌のハリや弾力を維持する成分なので、ハリが無くなることで肉が重力に従い下がってきてたるむようになります。
そのため、皮脂や汚れで開いた毛穴が、さらに広がって楕円形のようになって更に開くように見えます。

○ニキビ跡
ニキビを潰してしまうと、その後が痕になって残り、その部分の毛穴が開いたままになってしまいます。
あるいは、ニキビを治したくて過剰に洗顔したり、保湿をしなかったりすると、肌が乾燥して必要以上に皮脂分泌をするようになります。
過剰に分泌された皮脂は、古い角質と一緒に毛穴詰まりになり、毛穴が開くようになってしまいます。

 

開いた毛穴の種類

開いた毛穴にも種類があります。
毛穴の種類を正しく知って、原因に対処することを考えましょう。

 

毛穴開きの種類

特 徴

原 因

汚れ詰まり毛穴

黒住が目立つ毛穴です。触った感じもザラザラ感があります。

洗顔のし過ぎ・保湿が不十分なため、肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌されるようになる、あるいは、化粧落としや洗顔が十分でなく肌に汚れが残っているために、発生します。

たるみ毛穴

楕円上に広がって見える毛穴です。

加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少、保湿が不十分、表情筋のコリ、代謝が悪くなる、などが原因です。

帯状毛穴

たるみ毛穴の進行した状態です。開いた毛穴同士が連結してシワのようになります。

たるみ毛穴の発生原因に加えて、乾燥なども原因になります。

ニキビ毛穴

毛穴にニキビができた状態です。

皮脂分泌が多い10代や、生理前などのホルモンバランスの乱れ、新陳代謝が悪くなる、といった場合に起こります。
毛穴に溜まった古い角質や皮脂汚れが酸化し、phバランスが崩れて菌が増殖して起こります。
過剰に洗顔したり、保湿が不十分など、間違ったケアをしてしまうことで悪化させてしまいます。